簡単なマイナンバーのシステム

###Site Name###

マイナンバーとは国が我々国民の情報をまとめて管理するために国民のひとりひとりに割り当てられる番号のことです。


この共通番号制度のことです。

マイナンバーのシステムはこちらのサイトで情報公開中です。

つまりマイナンバーとは個人個人の番号ということです。そしてそのマイナンバーが記入されていて個人を証明したり、個人情報がインプットされているのがマイナンバーカードです。

マイナンバー個人情報が記載されています。


個人情報と言うのは氏名、住所、生年月日、銀行口座などが含まれています。


その情報は国のパソコンのシステムに保管されています。


そしてこれを持つことの利点として次のようなことが挙げられます。

まず、簡単に身元を確認できることです。


写真も付いているのでわかりやすいです。



また、将来カードを使ったシステムが一般的に普及し始めたら身分証明書だけでなく、一種の鍵として使うことができます。

例えば地下鉄に乗るときや、買い物をするときのクレジットカードの代わりになるかもしれません。

さらに税金の未納税者や犯罪者の早期発見、逮捕にもつなげることができます。しかし、このシステムには欠点もあります。

このシステムで一番恐れられるのはサイバー攻撃などによる個人情報の流出です。

日本経済新聞の情報サイトはこちらです。

個人情報を保管しているシステムが一度破れられれば一度にかなりの量の個人情報が流出する可能性があります。

さらにこのカードが盗まれでもしたら、なりすましという問題も出てくることが考えられます。


カードを持っているが故に個人情報が盗まれる危険性もあります。このサービスは多くの利点とともに多くの欠点も指摘されています。